2018年02月02日

節分の日

こんにちは
番手です。
今週のお花ブログでご紹介しました菜の花が金曜日までに咲いてくれたのでアップします
IMG_7025.jpg
黄色が入ると色合いがさらに増して素敵ですね

さて,明日2月3日は節分の日,のり巻きの日,大豆の日ですね
節分の日は知っていたのですが,のり巻きの日と大豆の日は今回初めて知りました。
節分は、立春の前日(2月3日か4日)を指します。
節分といえば私は恵方巻きですが,
実はこれ最近(といっても2000年に入る前頃)一般的に知られるようになったそうです。
ただ,起源はもっと古く大正初期の大阪だとか・・・ 
節分の夜にその年の恵方(えほう→歳徳神の住む方角で、その年に吉となる方角)に向かって、目を閉じて願い事を思い浮かべながら、無言で太巻きをまるかじりするそうです
ちなみに今年の恵方は、南南東(南微東)です
 恵方巻きの具材は何でも良いそうですが、七福神に因んで、かんぴょう、キュウリ、シイタケ、伊達巻、うなぎ、でんぶ、その等の七種類の具を入れるのが良いとされています。
ちなみに私は関係なく海鮮太巻きを選んでます

もう一つ,豆まきですが、
節分に豆で邪鬼をはらう行事が初めて行われたのは、室町時代の京都だそうです。
また、定番のかけ声の「鬼は外、福は内」は、「臥雲日件録」1447年(文安4)に、立春前夜に家ごとに豆をまき、「鬼は外、福は内」ととなえたと記されています。
やがて江戸時代になると、春をむかえる厄払いの行事として、諸国の神社や家庭にひろまり、体を豆でなでて厄をうつしたり、年齢の数だけ豆を食べたりするようになりました。
 また、ヒイラギの葉がとがっていることから、「鬼の目突き」とよばれ、その先にイワシの頭をさして戸口にかかげると、邪気の侵入をふせぐとされています。

私も子どものころは家族でやってましたが,もう十数年はやってないですね・・・
子どもがもう少し大きくなったら行うのでしょうね

弁護士法人広島メープル法律事務所交通事故の被害者代理人として、
   高次脳機能障害重度障害悪質クレーマー対策・企業法務離婚借金の整理の実績が多数あります。

高次脳機能障害のことならお気軽にご相談ください!
   高次脳機能障害を専門とする弁護士のホームページ
   
「交通事故で脳を損傷した被害者と家族はどうすべきか」
   −高次脳機能障害の暮らしから損害賠償請求まで−





posted by maple_law at 15:14| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする