2018年02月07日

今週のお花

こんにちは、1番手です。

さて今週のお花は、
・啓翁桜(ケイオウザクラ)
・ストック
・スイトピー
・赤ドラセナ

IMG_3377.JPG

今回は、
「えっ?桜の時期には早くない?」ということで、
「啓翁桜」を調べました。

昭和5年に福岡県久留米市の良永啓太郎氏によって作られ、
同氏の名前から「啓」の一字を取って名付けられたと言われています
(ちなみに、「翁」は老人を敬っていう語なので、
「啓おじいちゃんの桜」ぐらいの意味ですかね〜)。
福岡県で作られた啓翁桜ですが、
出荷量は、山形県が「日本一
以下は、山形県のHPから抜粋です。

「山形県が日本一の出荷量を誇る啓翁桜は、冬に花を咲かせる桜です。
しなやかな細い枝にたくさんの花が咲きそろう姿がとても華やかで、
お正月の飾りや結婚式、卒業式などのハレの日を演出する花として注目を集めています。
また、近年では、フラワーアレンジメントや贈り物としての需要も高まっています。
山形の気候と長年の研究により培われた確かな技術により促成栽培された啓翁桜は、
12月中旬から3月まで、春を彩る鑑賞用の切り枝として全国各地に出荷されます。」

ちなみに、啓翁桜から採取した酵母を使用して仕込んだオリジナルの地酒
「桜三蔵(さくらさくら)」があるそうです。
飲んでみたいな〜
と興味津々の1番手でした

弁護士法人広島メープル法律事務所交通事故の被害者代理人として、
   高次脳機能障害重度障害悪質クレーマー対策・企業法務離婚相続の実績が多数あります。

 高次脳機能障害のことならお気軽にご相談ください!
   高次脳機能障害を専門とする弁護士のホームページ
   
 「交通事故で脳を損傷した被害者と家族はどうすべきか
   −高次脳機能障害の暮らしから損害賠償請求まで−






posted by maple_law at 09:32| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする