2018年07月04日

札幌2 (*´﹃`*)

こんにちは 番手です。
今回は前回に引き続き、札幌話パート2です。

前回は札幌に着いて、空港ですぐに「ウニ丼」を食べたのですが、
今回も例に漏れず、食べ物の話しです

夕食は「ジンギスカン」。
有名店がたくさんあるようでしたが、「だるま」というお店にしました。
ここは、当初より「美味しいけど、並ぶよ!」と言われていました
案の定、私たちの前に6名くらい並んでいて、後ろにもどんどん人が増えてました。
結局、並んだのは1時間でしたが、寒さが堪えました。めちゃくちゃ寒かったです
そして、やっとのことで入店カウンターのみで14席。
隣の人とぎゅうーぎゅうーにくっついて食べる感じです。

まずはビール
IMG_0374.jpg

本当は、上ロースやヒレ肉を食べたかったのですが
時間も遅かったのもあり、「ジンギスカン」のみでした
これが1人前(850円)。
IMG_0376.jpg

店員さんが説明をしながら、鍋にタマネギ・ネギ・脂をのせてくれます
脂を鍋に溶かして、やっと肉を焼き始めます
IMG_0378.jpg

そして、待って、待って、やっとジンギスカンをタレにつけて、いただきます
IMG_0380.jpg

お肉は思っていたよりも柔らかかったです。
脂身が少なく、クセもほとんどなかったのですが、
カルビ好きの私としては、ちょっと脂身がたりず、2皿でちょっと飽きてしましました
もちろん薬味もちゃんとあって、タレの味を変えることは可能なのですが、
たくさんは食べれませんでした
IMG_0379.jpg

結局バタバタと2人前をたいらげて1時間くらいでお店を出ることに
お腹いっぱいにはなったのですが、友達とゆっくり話しができる雰囲気ではなく、
本当に食事するだけになってしまいました。>残念
次はテーブルのあるお店がいいな〜と思いました。

なんと、札幌話、まだ続きます


弁護士法人広島メープル法律事務所(スマホ版はこちら)は交通事故の被害者代理人として、
   高次脳機能障害重度障害悪質クレーマー対策・企業法務離婚借金の整理の実績が多数あります。

高次脳機能障害のことならお気軽にご相談ください!
   高次脳機能障害を専門とする弁護士のホームページ
   
「交通事故で脳を損傷した被害者と家族はどうすべきか」
   −高次脳機能障害の暮らしから損害賠償請求まで−



posted by maple_law at 08:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする