2018年10月01日

犯人はお前だ

こんにちは、1番手です。
先日、我が家の洗濯機(ドラム式)が故障してしまいました

電源を入れて→洗濯/乾燥スイッチを入れて
までは問題なくできるのですが、
5分ほど経つとエラーメッセージが・・・
説明書を見ると、「給水できていない」との事だったので、
給水弁を掃除してみたり、ホースを掃除してみたり。

それでも直らないので、修理を頼む事に。
これまで、子どもの上履きを洗ったり、
スニーカーを洗ったり酷使していたので、「そのせいかも」と内心ヒヤヒヤ

で、修理屋さん到着。
「給水ができていないみたいで・・・」と言う私に対し、
修理屋さんは、いろいろ操作した後、「いや、給水はできていますね」

・・・これはもしや、修理する人が来たとたん調子が良くなる、あの現象か
(こういう事、ありません?)

しかし、修理屋さんもプロ。
「ちょっと調べてみますね〜」とあれやらこれやらやっていただいた結果

出てきました。小石が。
こいつが排水弁につまっていたために、排水弁が閉まりきらず、
水が溜まらなかったんですね〜

という事は・・・犯人は息子
「ポケットに石を入れちゃダメ」と
しかられたのは、言うまでもありませんでした
チャンチャン

弁護士法人広島メープル法律事務所(スマホ版はこちら)は交通事故の被害者代理人として、
   高次脳機能障害重度障害悪質クレーマー対策・企業法務離婚借金の整理の実績が多数あります。

高次脳機能障害のことならお気軽にご相談ください!
   高次脳機能障害を専門とする弁護士のホームページ

「交通事故で脳を損傷した被害者と家族はどうすべきか」
   −高次脳機能障害の暮らしから損害賠償請求まで−





posted by maple_law at 11:22| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする