2017年09月07日

お食事中の方はご注意ください

先日のこと
朝から息子の機嫌は最悪で
保育園でも絶不調とのこと。
息子はわりと陽気な性格なので、
保育園の先生と「どうしたんだろうね」と言っていました。

そして、その日の晩。

大きい方をもよおした(すみません)息子が、
「うーん、うーん」と頑張っているのが見えましたが、
気にせず、私は夕食の用意を。

そして30分経過

まだ頑張っている息子。
ちょっと長くない?と様子を見ると、
大量の汗をかいて、苦しんでいます
夫は「病院に連れて行こう」と言うけど、
便秘(本当にすみません)で行くのもねぇ・・・
と思い、ひとまず救急ダイヤルに電話
処置方法(ご想像にお任せします)を教えてもらい、
「それでもダメなら病院へ」と言われたので、
さっそく試してみるも、失敗
苦しむ息子を連れて、夜間救急に駆け込みました

そして、浣腸(本当にすみません)

数分後、ようやくの解放

長時間(結局1時間半くらいかかった)戦った疲れで、
息子はスーッと眠りに落ちてしまいました
たかが便秘、されど便秘。
今度から気を付けようと思った1番手でした。
息子はもちろん、苦しむ息子をあやす私たちも大変だった〜


弁護士法人広島メープル法律事務所交通事故の被害者代理人として、
  高次脳機能障害重度障害悪質クレーマー対策・企業法務の実績が多数あります。

高次脳機能障害のことならお気軽にご相談ください!
  高次脳機能障害を専門とする弁護士のホームページ

「交通事故で脳を損傷した被害者と家族はどうすべきか」
  −高次脳機能障害の暮らしから損害賠償請求まで−







posted by maple_law at 13:12| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする