2018年05月28日

たまには

こんにちは、1番手です。
さて、久しぶりに仕事の話を・・・

法律事務所で働いていると、
金融機関へ手続に行くことがよくあります。

例えば、
担当弁護士が破産管財人に選任されると、
1「破産者○○○破産管財人弁護士×××」名義の口座を作成
2 必要ならば、破産者の預貯金口座を解約
3 1の口座を解約
などしなければなりません。

1・3については、
最寄りの金融機関を利用すれば問題ないのですが、
2については、違います。

金融機関によって、
@ どの支店でも解約手続きができる
A どの支店でも解約手続きの受付ができる
 (受付店から開設店に書類を送り、開設店が手続をする)
B 開設店でしか、受付も解約手続きもできない
ところがあり、
Bの場合、開設店が遠方だと、解約手続きだけでも大仕事です

事前に場所や公共交通機関を調べたり
(1番手は方向音痴です
書類等に不備があってはいけないので、
念入りに確認したり。
(金融機関によって、用紙や書き方、必要書類が異なります)
当日は、銀行窓口は15時に閉まってしまうので、
朝から出かけますが、午後にかかってしまう事もしばしば・・・
そんな時の楽しみは、お昼ごはん
「なかなか行かないお店でのランチ」があるので、
大変ではありますが、たまにはいいな、と思う1番手でした

弁護士法人広島メープル法律事務所(スマホ版はこちら)は交通事故の被害者代理人として、
   高次脳機能障害重度障害悪質クレーマー対策・企業法務離婚借金の整理の実績が多数あります。

高次脳機能障害のことならお気軽にご相談ください!
   高次脳機能障害を専門とする弁護士のホームページ
   
「交通事故で脳を損傷した被害者と家族はどうすべきか」
   −高次脳機能障害の暮らしから損害賠償請求まで−








posted by maple_law at 15:57| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする