2018年11月02日

日本脳外傷友の会第18回全国大会2018in三重

こんにちは。 【Kobac】(コバック)こと助手の小林です

10月19日(金)から20日(土)、三重県四日市市で開催された、
「日本脳外傷友の会第18回全国大会2018in三重縁結び交流館」に参加してきました。

DSC_6201.jpg

19日の交流会には、広島からは、家族・当事者合わせて約20名が参加。
年に1度しか会うことができない、
数多くの全国の友の会関係者と話すことができました。
古謝理事長からは、名称も「脳外傷友の会」から「高次脳機能障害友の会」に変更されることも発表されました。

翌日20日の大会では、午前10時前くらいに、『当事者奨励賞授与式』があり、
高次脳機能障害サポートネットひろしま 備後地区家族相談会内で
3年半前からマジック教室に参加している、生徒3名が受賞されました。
3名は、平成27年4月からマジックを練習し、
その後、福祉施設や社会福祉協議会関係、家族会行事など数多くの場所で、
練習してきたマジックを披露し、当事者・家族その他多くの方々に笑顔をもたらし、
自分自身も生きがいを見つける努力を積み重ねてきたことから、
推薦され、表彰に至りました。

今回は、3名のうち2名が出席できなかったので、代表で、松田克馬さんがステージに上がり、
数百人の前で受賞されました。私も感激しました。

IMG_2018.jpg

これからも、新しいネタも含め、さらにマジックに磨きをかけて、
皆さんに喜んでもらえるよう、私もマジック教室に力を注いでいきたいと思います。

                                助手 小林
                                                                                                                          

DSC_6249.JPG




弁護士法人広島メープル法律事務所(スマホ版はこちら)は交通事故の被害者代理人として、
   高次脳機能障害重度障害悪質クレーマー対策・企業法務離婚借金の整理の実績が多数あります。

高次脳機能障害のことならお気軽にご相談ください!
   高次脳機能障害を専門とする弁護士のホームページ
   
「交通事故で脳を損傷した被害者と家族はどうすべきか」
   −高次脳機能障害の暮らしから損害賠償請求まで−



posted by maple_law at 15:30| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする