2018年11月12日

なんですか、それ

こんにちは、1番手です。
ある日、息子の顔にプツッと白ニキビのようなできものが。
4歳児でもニキビができるのね〜と呑気に構えていたところ、
保育士さんより、「水イボでは?」との指摘が

水イボ:正式名称は伝染性軟属腫。皮膚に小さい水疱ができる感染症。
原因となるウイルスが皮膚に付着すると、皮膚で増えて水疱ができる。
時おり痒がることがあるが、無症状のことも多い。
つぶれたり新たに出来たりを繰り返しながら、数か月〜1年で自然に消えていく。


水イボだと広がる可能性があるので、慌てて皮膚科を受診すると、

「水イボじゃないですね」とのこと。

それじゃ、何なんだとなりますが、
石灰化上皮腫なんだそうです

石灰化上皮腫:皮膚の一部が石灰のように硬くなる良性の皮下腫瘍の一つ。

へぇ〜

世の中には、知らない事がたくさんあるもんだと
改めて思った1番手でした

弁護士法人広島メープル法律事務所(スマホ版はこちら)は交通事故の被害者代理人として、
   高次脳機能障害重度障害悪質クレーマー対策・企業法務離婚借金の整理の実績が多数あります。

高次脳機能障害のことならお気軽にご相談ください!
   高次脳機能障害を専門とする弁護士のホームページ

「交通事故で脳を損傷した被害者と家族はどうすべきか」
   −高次脳機能障害の暮らしから損害賠償請求まで−




posted by maple_law at 12:13| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする